<   2007年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧
日本滞在記 其の11
今回の日本滞在は本当に大満足の時間を過ごすことができました。
会いたい人達に会えて、行きたい所に行って、食べたいものを食べました。そして、アメリカにいて日本の大切な家族といつも時間を過ごすことができない私にとって今回の滞在で何よりも嬉しかったのが、来年結婚する兄の結納と母の誕生日が私のいる間にちょうど重なったことです。
e0058863_916360.jpg

結納品の準備をしたり、結納で着る母の着物の準備などを見てBはまた新しい日本文化体験ができました。結納の日の朝は、Bは結納に一緒に行くわけでもないのに自分も綺麗な格好をして兄と両親と写真を撮っていました。私は、忙しそうだけど幸せそうな落ち着いた兄を見れて本当に嬉しかったです。
e0058863_921236.jpg

母の誕生日当日を日本で一緒に最後に祝えたのは、いつぶりかも思い出せないくらいでした。当日はディナーを私が作って、一緒にケーキを食べました。プレゼントはBと一緒に選んだ、母の大好きなスワロフスキーの白鳥の置物です。鏡の上においてライトを当てると本当に綺麗で、母はとても喜んでくれました。

これだけ長く日本にいれるのはこのビザの更新のお陰ですと、3週間というかなり長いバケーションを満喫しました。長く日本にいただけ、やっぱり家族と離れるときは悲しくなってしまいます。
早朝に家を出なくてはいけなかった私の為に母がお弁当を作ってくれ、空港行きのバス停まで送ってくれました。
e0058863_9284772.jpg

いつもいつも美味しいお弁当とLOVEをありがとうね、ママさん。

アメリカに帰ってきて二人分の写真の整理がまだできていない状況です。今回ブログにアップしたのはほんの一部なんです。なんたって二人で1000枚以上の写真を撮ってしまいました。整理ができたら友達&家族にお披露目したいと思います。それまでお待ちくださいませ。

とにかく、お友達&家族素敵な時間を私達二人と一緒に過ごしてくれてありがとうでした♪♪
また会えるのを楽しみにしています!!
[PR]
by intothesound | 2007-10-27 16:40
日本滞在記 其の10
日本旅行の最終目的地である私の実家大分県には、アメリカを離れてから12日後にようやく到着しました。この日から、Bの我が家でのホームステイが始まりました。
ちょうどBも既に会ったことのある英語の話せる兄が家に帰っていたので、Bには心強かったようです。アメリカが大好きな父は、Bの事がとても気に入ったようで映画の話、メジャーリーグの話、国立公園の話しなど片言の英語で、片言の日本語しか話せないBとの時間を誰よりも楽しんでいました。
久しぶりの実家なので私はゆっくりしたい所ですが、Bにとっては観光も大事なので大分県と言えば!の大分の三大観光名所に連れて行きました。
e0058863_1485432.jpg

まずは、野生のサルを餌付けしている高崎山です。ここはとにかく小さい頃から何度も来ている場所ですが、何度来ても野生のサルは見ていて飽きません。ちょうどこの時は小猿が産まれてから数ヶ月の時だったので、小さな小さな小猿を大事にお腹に抱えた母猿が沢山いました。
e0058863_14113284.jpg

猿山を楽しんだ後は、お向かいにある水族館うみたまごへと行きました。ここではとにかくセイウチのショーを見ないとお話になりません。あのでっかいセイウチが腹筋をしたり、投げキッスをしたりと私の大好きなショーです(写真がなくてすみません)。ここでも時間が許す限り色々な魚やショーを見て楽しみました。
別の日に行ったのは、アフリカサファリです。ここは檻のバスに人間が乗って、動物達が放し飼いにされている園内を餌をあげながら回るという小さい頃から私の大好きな場所です。
e0058863_14172943.jpg

動物園には行った事はあるけど、こんな餌付け体験をしたのは始めてのBはバスの中で子供達の次にはしゃいでおりました。ライオンの手の甲に触ろうとしたりとかなり危険でしたが、かなり楽しんでくれたようでした。

大分にいる間、本当に毎日母の作ってくれる美味しい料理を食べまくりましたがその中でもBの大好物になったのが大分の郷土料理やせうまのきな粉和えです。
e0058863_14234522.jpg

きな粉大好きのBの為に母親が作ってくれました。大分県の人達が子供の頃から食べてるすごくシンプルなおやつです。この味はいつ食べても飽きません。
[PR]
by intothesound | 2007-10-26 13:58
日本滞在記 其の9
広島の次に向かったのは、九州鹿児島です。なぜ鹿児島?と言われると、大した理由も無かったのですが、せっかくジャパンレイルパスがある(って、アメリカ人のBだけですけど・・・。)のでとにかく遠くまで行こうと鹿児島になったのです。
e0058863_13271094.jpg

鹿児島と言えば、『西郷隆盛』と『黒豚』ですよね。という事で、西郷隆盛や大久保利通などの薩摩出身の歴史的人物達について学べる資料館に行き、その後は美味しい黒豚を満喫しました。
次の日は、桜島へフェリーで向かい自転車をレンタルして島内を観光しました。
e0058863_1346553.jpg

気温もそこまで高くなかったので一時間の自転車観光も疲れることなく楽しむことができました。
e0058863_13373028.jpg

穏やかな景色の桜島を見ているだけでは、ここが火山なの?と思ってしまいましたが、溶岩の後、道路の周りに横たわる巨大な石などを見ると、本当にここは火山なんだと思わされました。
[PR]
by intothesound | 2007-10-25 13:19
日本滞在記 其の8
歴史大好き人間のBはかなり京都を気に入ったようですが、残り少ないジャパンレイルパスを使って出きるだけ日本を見て回ろうと京都を後にして、次に向かったのはこれもBがどうしても行きたかった広島です。
e0058863_1321368.jpg

日本人の血が流れるアメリカ人として、彼はここ広島にはどうしても行ってみたいとずっと言っていました。広島平和公園に着き、戦争の歴史に触れるにつれ彼は言葉少なくなっていきました。同じ資料を見たとしてもきっと私たち日本人が感じるものとは違う思いが、彼の中にあったと思います。原爆資料館が閉まるまで全ての展示物を時間をかけて見ていました。
彼は、「自分の国アメリカがしてしまった事を目の当たりにして悲しい気持ちでいっぱいになったけど、広島に来て本当によかった思ってる」と言っていました。
[PR]
by intothesound | 2007-10-24 12:58
日本滞在記 其の7
京都二日目は、とにかくできるだけ観光名所を巡ろうとかなり行動的でした。しかし、京都の暑さの中を動き回るのはかなり辛いものがありました。暑さにへこたれた私の代わりに、Bが地図を片手に京都中を連れまわってくれました。
まずは、市バスに乗って二条城に行きました。場内は撮影禁止なので、写真はありませんが大政奉還が行われた座敷など歴史的重要な場所を目の前に見ることができ、とにかく感動でした。写真が撮れない分、目に焼き付けようと歴史大好きのBもかなり英語ガイダンスを聞きながら見入っていました。お城の後は、庭園を歩き回りました。
e0058863_12244891.jpg

そして、二条城からは徒歩で京都御所へ向かいました。ここで英語で行われるツアーに参加しました。
e0058863_12325831.jpg

御所の建物の中まで見れるのかと期待していたので、園内だけのツアーとしてちょっとがっかりしましたが、Bにとっては充分楽しいツアーだったようです。説明を聞き、写真を撮り、景色を眺め、とにかく日本に興味津々さんでした。
e0058863_12375112.jpg

しかし、私はとにかく京都の暑さにばてまくりでツアー中も日陰にとにかく逃げていました。京都の地元の人も、今年の暑さには驚いていました。日本には夏に来るのはもうやめようと一人心に誓いました・・・。
e0058863_1240577.jpg

次に向かったのは、京都では必ず行きたい金閣寺です。夏の金閣寺も充分綺麗ですが、やっぱり金閣寺は雪景色の中で見るのが一番綺麗と思っている私。次はBを冬の京都に連れて来てあげようと思います。
金閣寺の後は、この日の最終観光地として龍安寺の石庭へ行きました。Bは石庭の静かさ、幻想さが気に入ったらしく最後の最後まで庭を見つめて座っていました。
せっかく京都に来たんだから、美味しいもの夕飯に食べようと考えましたがあまりの疲れにレストラン探しを諦め、ホテル近くのデパートの展望レストランでラーメンを食べるという何とも素っ気無い京都最後の夜でした。
[PR]
by intothesound | 2007-10-23 12:21
日本滞在記 其の6
ビザの手続きで書類の不備があり、必要書類をアメリカから取り寄せるアクシデントがありましたがせっかくの日本旅行を中断するわけにはいかず、不安ながらも予定通り京都へとBと二人旅立ちました。不安な気持ちを抱えたまま着いた京都駅では、そんな気持ちを吹き飛ばす再会がありました。アメリカで大学院に一緒に行き、今は海外に住んでいる友達に偶然に京都駅のカフェでばったり会ったのです!お互いに日本にいることは言っておらず、本当に偶然同じカフェに座っていて、お互いが視界の中に入ってきたといった感じでした。本当に鳥肌が立つほどの再会でした、そしてもっとハッピーニュースは彼女の妊娠!でした。あの彼女がもうすぐママになるんて、感慨深くなりました。彼女との再会の後は、もう気分もすっきり晴れ晴れとした気持ちになれました。
e0058863_14372674.jpg
まず、京都で向かった場所は祇園です。夜の祇園は、やっぱり趣があり何回来ても飽きない場所です。夜の祇園を歩き回り、舞妓さんも見かける事もでき、今宵の夕飯の場所を探しすことにしました。しかし、祇園のレストランはやはり高級感漂い、値段が表示されてない店頭メニューもありとレストラン探しはかなり難航しました。そんな中ようやく見つけたのが、祇園の中に隠れ家のようにある、その名も『隠』kakureというレストランです。
e0058863_1446585.jpg

私達の記念日をお祝いするべく注文したのは、私達の大好物のすき焼きです。京都だから味は薄いのかしらと思ったら、全てにしっかり味が付いていてとっても美味しいすき焼きでした。価格もとてもリーズナブルでまた機会あったら行ってみたいお店です。
e0058863_1449458.jpg

食事の後は、近くの祇園コーナーで日本の伝統芸能を紹介するショーをBの希望で見ることに。茶道、華道、狂言、舞妓さんによる日本舞踊など、数々の文化を紹介してくれるので外国人観光客にはお勧めだと思います。(日本人は全くいなかった気がしますが・・・。)
京都初日は、祇園を歩き回り、すき焼きを堪能し、伝統芸能に触れ、満喫はしましたが歩きすぎのせいで足の疲れに耐え切れず終了となりました。
[PR]
by intothesound | 2007-10-22 14:59
日本滞在記 其の5
この日から私は今回の日本一時帰国の理由でもあるビザの手続きの準備が色々とある為に、Bと別行動です。Bはとにかくできるだけ多くの場所に行ってみたいということなので、Bもアメリカでもずっと仲良しだった仙台に住む私の友達の所へ一人で行かせてみる事にしました。日本語が全く話せないBを一人で新幹線で旅立たせるのには、かなり不安がありましたが私が東京駅で新幹線に乗せて、友達が仙台駅のホームで出迎えてくれるとういう見事な連携プレーで無事に到着しました。
e0058863_13593070.jpg
Bを見送った後、私は姉と合流してビザの書類的な準備をし、日本に着いて始めて落ち着いてのんびりとお茶をする事ができました。Bから離れた時に、ちょっとだけベビーシッターさんに子供を見てもらっているお母さんの気持ちが分かった気がしました。
次の日に私のビザの手続きが終わった後に、仙台から友達に連れられてBが戻ってきました。
e0058863_145201.jpg
仙台で松島に連れて行ってもらい、友達の両親にも会い、美味しいお寿司も食べて、お土産も買い、沢山写真も撮ってとても楽しかったようです。Aちゃん、世話のかかるBをまる一日面倒見てくれて本当にありがとうね♪
[PR]
by intothesound | 2007-10-21 13:50
日本滞在記 其の4
東京にいる間は、とにかく時間を惜しまず動き回りました。この日も朝から六本木に自転車で行き、お昼は天王洲アイルのオシャレなカフェに行きました。美味しいイタリアンを頂きました。日本は、日本食はもちろんどの国の料理を食べても本当に美味しいわ♪
e0058863_13264914.jpg

そして、その日の夜は友達に会うべくみんなで新宿へ行きました。大都会新宿のネオンの前で記念撮影をしてしまうBはやっぱり外人さんだわと改めて思いました。そして久しぶりに会うキュートなベストフレンドと合流し、その友達が案内してくれたお店はレストラン内で釣りができ、釣った魚をその場で調理してくれる釣船茶屋『ざうお』です。
e0058863_13411681.jpg
釣り好きのBはもうこのレストランに大喜びでありました。友達の彼に指導を受けて、しぶとく待ち見事に大物を釣り上げました。
e0058863_13384677.jpg
新鮮なお魚をすぐにさばいてくれるので、お刺身なってもまだ頭の付いたままの体はぴくぴく動いておりました。これにはBはかなりびびっておりましたが、お刺身を食べてその美味しさに感動しておりました。
e0058863_1341099.jpg
これは、友達の彼が吊り上げたさざえです。こりこりの食感がたまらないさざえでありました。Bも友達の彼も一匹ずつ釣って大満足でありましたが、姫パパは最後までしぶとく粘りましたが一匹も釣ることができず『絶対にまた来て、釣ってやる!』とかなり悔しそうでありました。この日も、大好きな友達と美味しい食事を囲んで楽しい時間を過ごしました。Bは一日一日どんどん日本が好きになっているようでした。それもみんな歓迎してくれる友達のお陰です。
[PR]
by intothesound | 2007-10-20 13:48
日本滞在記 其の3
e0058863_1259283.jpg

私が大学時代の友達と会っている間、Bは姫ママ&パパに案内してもらい東京観光です。表参道に連れて行ってもらった後は、外国人観光客ならではのBが行きたかった浅草です。ここで、これぞ日本!といった歌舞伎靴下などをお土産として買ってきてました。
e0058863_13124324.jpg

見た目は日本人ですが日本語が全く喋れないBにとって、英語が話せて東京を知り尽くしてる姫ママ&パパに案内してもらうのは楽しくて仕方なかったみたいです。初めての日本で行く場所、見るもの、食べるもの、全てに興味津々でとにかく全てについて質問しまくりのBの相手をしてくれた姫ママ&パパに本当に大感謝です。

友達と別れてから、私もBと姫ママ&パパと合流しました。そして、みんなで自転車である場所へ向かいました。これはBと私がどうしても行きたかった場所です。本当に東京を知り尽くしている姫ママに着いて、夜の街を自転車で楽しみました。
e0058863_1321218.jpg

そして向かった場所は、東京タワーです。ここは私も行きたかった場所なので、Bと二人で写真を撮りまくりました。あいにくものすごい人の数で、タワーの上までは上がれませんでしたが下からでも充分に夜の東京タワーの美しさを満喫しました。
e0058863_1324306.jpg

夕飯を食べて、食後の運動として自転車で家まで戻り、一日お留守番をしていた姫を連れてお散歩がてら夜のお酒を楽しみました。友達とのんびりとこうやってお酒を飲みながら過ごせる時間は、いつでもどこでもやっぱり一番好きな時間です。
e0058863_1328579.jpg

[PR]
by intothesound | 2007-10-18 13:25
日本滞在記 其の2
e0058863_1424449.jpg

7年振りに会う大学時代のベストフレンド二人と一緒に、卒業以来行っていなかった母校を訪れました。真新しい建物も増えていましたが、思い出深い古い校舎はそのままでした。大学時代の思い出を話しながら、3人で構内を散歩しました。あの頃と変わらぬ趣のある大学を、大学時代をずっと一緒に過ごした友達と訪れることができて本当に嬉しかったです。会っていなかった年月を全く感じることなく、あの時のように楽しくあっという間に時間は過ぎて行きました。あまりにも楽しすぎて、お別れの時は泣いてしまいました・・。私の大学時代を思い出深くしてくれたキュートな双子さん、また会おうねぇ♪
[PR]
by intothesound | 2007-10-17 14:39