10年前
10年前のとある日、片田舎のスーパーの前で何匹かの産まれたての子犬に新しい飼い主を探している家族がいました。何気なく立ち寄りその子犬達に手を差し出すと、その中の一匹の真っ黒な子犬がその差し出された手におびえる事もなく近づいてきました。その子犬を抱き上げ、その顔を見たその瞬間に、新しい飼い主の心はその子犬に奪われてしまいました。その日から、心優しい飼い主とかわいい犬の新しい生活が始まりました。
e0058863_771925.jpg

そして、そんな心優しい飼い主から与えられた名前は、なんと『BUM』。
日本語では『こじき』。そんな・・・・、名前を授かった犬はその名の通り今日も元気に
家のゴミ箱をあさっておりました。。。
[PR]
by intothesound | 2006-04-10 06:56 | DOGS
<< あと8日 コロッケ >>